旅スナップ

世界の日常を写真で

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

世界中で撮った写真のまとめ5  

先日、久しぶりに下痢と嘔吐を伴う食中毒らしき症状にかかりました。
旅行中はけっこう色んな国で悲惨な下痢になりましたが
そんな時の強い味方、お薦めの下痢止めがImodium(イモディウム)です。
外国で何度も救われた役立つ薬で、タイなら150円程度で買えます。

海外では何度も薬局に行きましたが、英語圏以外の国では言葉の問題があって欲しい薬を買うのに苦労する事も多いです。
ラオスの薬局では胃が痛くて胃薬が欲しいと言っているのに、お腹を触っていたせいか
ドヤ顔で妊娠検査薬を出された事も。独身男の一人旅なんですが…
旅行は期間が限られる事も多々あるので信頼出来る薬を常備しておく事も大切ですね。

ヨルダンとイスラエルにまたがる死海。
こちらはヨルダン側の死海、死海の泥パックをするおじさん
まとめ

エジプト、ルクソール。
エジプトのステンシルアートは特徴的
まとめ

マレーシア、2012年F1GP。
昨年のスキーでの事故以来、意識不明のシューマッハ。
意識が戻る事を願っています
まとめ

インド、アウランガーバード。
タージマハルでは無いです、レプリカというか真似というか…
「貧乏人のタージ」との愛称を持つビービー・カ・マクバラー
まとめ

タイ、チェンライの山奥にあるラフ族の村。
竹の小屋に一泊しましたが、タイなのに夜はめちゃくちゃ寒かったです
まとめ

フランス、モンサンミッシェル。
周辺は重機だらけで工事中、工事が終わってから行った方が良いかも
まとめ

ラオス、コーン島。
生活感があってお気に入りの一枚
まとめ

ヨルダン、ペトラ遺跡内。
民族衣装を着た男性、おそらく観光客向けのサービス。
写真を撮ってもお金を請求されたりしません
まとめ

タイ、プーケット島のお寺内の猫。
タイのお寺には猫がいる事が多いです
まとめ

トルコ、パムッカレを流れる水は温泉のような温度。
パムッカレにある日本人経営の日本食レストラン「ラム子のロカンタ」には
滞在期間中、毎日通いつめました。超お薦めです。
まとめ







スポンサーサイト

Posted on 22:59 [edit]

category: 旅のまとめ

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tag: タイ  ラオス  トルコ  ヨルダン  フランス  インド  マレーシア  エジプト   
tb: 0   cm: 2

世界中で撮った写真のまとめ3  

よく聞かれるのが英語に自信があるのか、という事ですが自信は無いです。
僕が今住んでいるタイは英語圏では無いので英語が話せたところで一般人には通じません。
旅行した事のある国で英語圏はイギリス、グアム。強いて言うなら
それに合わせて香港、インド、フィリピンくらいでしょうか。
空港やホテルではどこでも必ず英語が通じますが、旅していると一般人には通じない事がほとんどです。

日本に来る外国人が英語で日本人に話しかけてもほとんど通じないのと同じで
ヨーロッパではけっこう通じますが基本的に英語圏でなければ一般人にはまず通じません。

そういう時は僕は日本語でガンガン話しかけます、一番ダメだと思うのは言葉に詰まる事。
日本人が完璧に英語を話せるなんて誰も思っていませんから、完璧を求めず話した方が良いかと。

僕が知り合った当時90歳だった日本人旅行者のおじいちゃんは、ほぼ日本語のみしか話しませんが
身振り手振りで上手にコミュニケーションして世界中に友達を作っています。
去年、一時帰国した時におじいちゃんの娘さん夫婦の家に泊めて頂き旅の記録を色々を見せて貰いましたが
僕なんて足元にも及ばない程に色々な体験をしていらっしゃいました。
僕が同じ年なら「年齢が…」とか「言葉が出来ないから…」とか出来ない言い訳を並べて諦めると思いますが
やりたい事を行動に移して人生を楽しんでいらっしゃる姿勢を心から尊敬しています。

英語は話せるにこした事は無いですが、英語が出来ないからと言って旅行が出来ないという事は絶対に無いです。
英語圏以外の国も多いですし、現地の言葉で「こんにちは」「ありがとう」を言えば
英語で言うより相手の反応も変わりますし、その2つの言葉だけで世界のほぼどこにでも行けると思います。
今まで旅行したどこの国にも優しい人が沢山いました、旅で困ったら世界の皆が助けてくれますよ。

英語が不安で旅行に出られない方は、開き直って笑顔で日本語で話しかけてみてはどうでしょうか。
悪意の無い笑顔は世界の誰にでも好意を持って受け止めて貰えるはずです。

エジプト、アスワンのデモ。
エジプトを旅行していた当時はカイロでの大規模デモを発端にエジプト全土にデモが飛び火しました。
ほぼ、どの街にいた時でもデモに遭遇しましたが、危険は皆無。
エジプト人と言うかイスラム圏の人達は世界の中でも優しい気質を持っていると思います。
イスラム圏では泥棒の心配も全くありませんでした
まとめ

スペイン、マドリードのレティーロ公園。
とても大きな公園で市民の憩いの場です
まとめ

タイ、バンコクのデパートMBK(マーブンクロン)にて。
日本でもK1で魔娑斗選手とライバル関係にあったので一部では有名な
タイの英雄ブアカーオ・ポー・プラムック選手を偶然見かけました。
話しかけると気さくに写真に応じてくれたナイスガイ
まとめ

モロッコのタンジェにあるマクドナルド。
個人的に世界で一番美しいロケーションでは無いかと思うマクドナルド。
遠くに見えるのはスペイン、左側には旧市街、そしてジブラルタル海峡が見えます
まとめ

ラオス、コーン島の中にある学校。
僕はヴィエンチャンでも学校に入って行って写真を撮っていますが
全て学校関係者(この時は校長先生)にきちんと話をして許可を撮った上で撮影しています。
勝手に撮っている訳では無いので、授業中に写真を撮る時はきちんと許可を貰いましょう
まとめ

ヨルダン、ペトラ遺跡内の猫。
こんな砂漠のような所に野良猫がけっこういるんです。
何となくワイルドに見えますね
まとめ

インド、アウランガーバードで呼ばれて入って行った結婚式場にて。
新婦側の親族の方です、ヘナアートが手にも足にも。
おめでたい席なのでいつもより沢山だと言っていました
まとめ

イギリス、ロンドンの地下鉄。
個人的にはロンドンも東京もパリもマドリードもバンコクも同じような街だと思っています。
建物が違うだけで大都会の雰囲気はどこでも似ている気がします
まとめ

マレーシア、国立博物館。
マレーシアは中華街も大きいし、インド料理も多数。
そしてローカルフードも美味しいので大好きな国です。
旅をしていて一番悲惨なのは食事が合わない国に滞在している時
まとめ

カンボジア、アンコールワット周辺。
この猿は人間の荷物の近くにいたんですが、とんでもなくふてぶてしいですね。
この後に荷物を取りに来た人間と猿が軽く喧嘩していたのですが、見ていて面白かったです
まとめ

Posted on 10:34 [edit]

category: 旅のまとめ

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: インド  モロッコ  エジプト  カンボジア  タイ  スペイン  イギリス  ヨルダン  マレーシア  ラオス 
tb: 0   cm: 0

世界中で撮った写真のまとめ1  

タイで学校に入ったので10月まではタイ国外には出ない予定です。
旅をしていた数年の事を思い出して今まで撮った写真をまとめてみようと思いました。
数万枚の中から選んだ自分の気に入った100枚の写真です。
写真の出来、不出来よりも自分がその国にいた当時を思い出せる写真を選んでいます。

当ブログのカテゴリ欄から過去記事に行けば見られる写真も多いですが
旅で思った事、注意していた事、雑記等も交えながら
あえて国をカテゴライズせずにランダムに載せていこうと思います。
写真はもう準備済みなのでしばらくは更新頻度を上げて短期間でまとめてしまう予定です。

普段はアップする写真は一度に6枚くらいまでに決めていますが
このシリーズは毎回10枚で10回続きます。

エジプト、ギザのピラミッド。
エジプトには一ヶ月以上滞在したのでとても思い出深い国です
旅のまとめ

タイ、シーラチャーにあるタイガー・ズーにて。
トラは大きな猫にしか見えないです、とても可愛い
旅のまとめ

イスラエル、嘆きの壁。
数百メートル内にイスラム教、キリスト教、ユダヤ教の聖地のある不思議な国
旅のまとめ

タイ、チェンライに住んでいる民族の女性の写真
旅のまとめ

イギリス、ロンドンの公園。
週末は昼間から飲んだくれる若者でいっぱい
旅のまとめ

カンボジア、スコール後の市街。
水がはけずに溜まっています
旅のまとめ

ヨルダン、ペトラ遺跡内でロバに乗って山頂を目指す。
ペトラ遺跡はあまり日本では有名では無いかもしれませんが
エジプトで散々遺跡巡りした後でも楽しめる素晴らしい遺跡だと思います
旅のまとめ

トルコ、イスタンブールのガラタ塔近く。
靴磨きの落とし物を拾ってあげた友人のT君が、靴磨きにお礼をして貰っているところ
旅のまとめ

スペイン、バルセロナのサグラダ・ファミリア。
バルセロナは本当に良い街で大好きです、また行きたい
旅のまとめ

インド、ムンバイの海での一コマ。
出家でもするんでしょうか、インドにいると謎めいた事が日常的に起こります
旅のまとめ

旅で使ったカメラはCanonの60D、600D(日本のEOS KissX5)
RICOHのGRD4、オリンパスのE-PL1です。

Posted on 18:25 [edit]

category: 旅のまとめ

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: タイ  カンボジア  ヨルダン  イスラエル  インド  エジプト  イギリス  スペイン  トルコ 
tb: 0   cm: 0

ヨルダン 死海  

死海にはヨルダン側とイスラエル側があるのですが、僕はヨルダン側から行きました。
周辺はリゾート地になっていて、ホテルも沢山ありますが首都のアンマンから日帰りで行けます。
イスラエルとの陸路国境、キングフセイン橋まで行くのとほとんど距離は変わりません。
ヨルダン側の死海からはイスラエルが遠くに見えます。
死海の詳細はこちら(Wikipedia)

本当に浮く
死海

気持ち良さそう
死海

ラッコみたいですね
死海

海岸沿いは塩でいっぱい
死海

死海の泥パックを楽しむおじさん
死海

今日の記事の最後の写真はヨルダンからエジプト・ヌエバアにフェリーで戻った時の港の様子。
個人で行かれる方は、自分の荷物を見失わないように気を付けましょう。
何の説明もなく荷物が運ばれてくるので、本当に争奪戦です
フェリーポート

Posted on 11:42 [edit]

category: ヨルダン

thread: 世界遺産・遺跡・名所 - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  60D  一眼レフ  ヨルダン  死海 
tb: 0   cm: 0

ヨルダン 世界遺産 ペトラ遺跡4 エド・ディル  

ペトラ遺跡の記事は今回で最後です。
ここの遺跡は、遺跡の多いエジプトから来ても感動できる素晴らしい物でした。
大自然の中に遺跡があるというシチュエーションも最高で、お薦めできます。
今回の記事の写真にはエド・ディルの写真を多く使っていますが
これはエル・カズネよりも大きく、山の頂上にあるので
登りきって見た時の感動は筆舌に尽くし難い物があります。
と、偉そうな事を言いましたが僕はロバに乗って登りました(笑)

ぺトラ遺跡の詳細はこちら(Wikipedia)
↓過去記事のリンクです↓
ペトラ遺跡1の記事はこちら
ペトラ遺跡2の記事はこちら
ペトラ遺跡3の記事はこちら

これがエド・ディル(モナストリーとも呼ばれます)
ペトラ遺跡

大きすぎて人がよく分からない
ペトラ遺跡

下半分だけでもこの大きさ
ペトラ遺跡

しばらく、呆然と眺めていました
ペトラ遺跡

帰り道も遺跡を眺められる
ペトラ遺跡

夕闇に染まるワディムーサの街
ペトラ遺跡



Posted on 08:56 [edit]

category: ヨルダン

thread: 世界遺産・遺跡・名所 - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  60D  一眼レフ  ヨルダン  ペトラ  バックパッカー 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

Twitter

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。