旅スナップ

世界の日常を写真で

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

パレスチナ 分離壁(アパルトヘイトウォール)  

イスラエルが世界に恥を晒す差別の壁、パレスチナの分離壁。
ユダヤ人は自分達がヒトラーにやられたような事を平気でアラブ人に行っています。
さすが自分達は特別だと選民思想を持ったユダヤ教の国民ですね
それ以外の宗教を信じる人達の人権なんてどうでも良いようです、狂ってますね。
これを見た時は想像以上の大きさに驚きました。
この大きなコンクリートの壁が400km以上続いており、現在も拡張中。
インドのカースト制度が可愛く見えてしまうこの分離壁は一見の価値ありです。
世の中の不条理、幸福の為の宗教が引き起こす不幸な対立、等が肌で感じられますよ。
分離壁の詳細はこちら(Wikipedia)

世界のアーティスト達がこの壁に異議を唱えており、それを作品として残しています。
有名なのはイギリスのBanksy、2005年にこの壁に作品を残し、それ以来他のアーティストも来るようになったとか。
僕は2004年頃にBanksyのプリントをPOWというイギリスのギャラリーから個人輸入し会員になっていました。
POWは毎年クリスマスにアーティストの新作販売があるのですが
2005年の時はBanksyパレスチナの問題提起をしたせいかパレスチナで販売していました。
Banksyの詳細はこちら(Wikipedia)
Banksyがパレスチナに描いた作品はこちら(外部英語サイト)
Banksyのプリント販売サイトPOWはこちら(現在は売り切れ中です)

そのこともあって、いつかパレスチナの分離壁が見たかったんです。
実際見た感想としては「くそったれの差別の壁」という感じですね、汚い言葉しか思いつきません。

大きさが分かるでしょうか、これが400km続きます
分離壁

パレスチナ国旗がモチーフ
分離壁

メッセージ性の強い作品
分離壁

アートはどこまでも続く
分離壁

大きな作品もかなり多いです
分離壁

パレスチナの子供達、この子達が大きくなる頃にも、まだ壁は存在しているんだろうか
分離壁



スポンサーサイト

Posted on 12:35 [edit]

category: パレスチナ

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  一眼レフ  60D  イスラエル  パレスチナ  Banksy 
tb: 0   cm: 0

パレスチナ 世界遺産 生誕教会  

イスラエルからパレスチナへ。
パレスチナ自治区とも言われますが、僕が現在住んでいるタイ王国は2012年の8/1から
パレスチナを国と認めて国交を持っているので国としてカテゴリします。
今回の記事で書く生誕教会がユネスコの世界遺産としてパレスチナ世界遺産として登録された事も
パレスチナを国としてカテゴリする要因です。
生誕教会の詳細はこちら(Wikipedia)

ちなみに、イスラエルからパレスチナに入るのはノーチェックでバスですぐ入国出来ますが
パレスチナからイスラエルに戻る時のチェックは尋常では無いくらい厳しいです。
パレスチナ人は全員バスから降ろされ(場合によっては外国人も降ろされる)
マシンガンを携帯したイスラエル軍人に荷物と身体検査を受けます。
僕は車内でパスポートチェックを受けただけで済みました。

イスラエルからパレスチナに入ると車のナンバーが変わる
ナンバー

2012年登録の世界遺産
生誕教会

内部の様子
生誕教会

内部の様子2
生誕教会

かなり小さい教会です
生誕教会

何かしら歴史的な物なんでしょうか
生誕教会

Posted on 11:24 [edit]

category: パレスチナ

thread: 世界遺産・遺跡・名所 - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  一眼レフ  60D  パレスチナ  イスラエル 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

Twitter

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。