旅スナップ

世界の日常を写真で

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ラオス ビエンチャン 小学校訪問1  

タイのビザを取る為に隣国のラオスへ。
ビエンチャンへは何度も行っているので観光という気分にもならなかったのですが
ホテル近くのお寺の中に小学校があったのでのぞいてみる事に。
ラオスでは、以前にもコーン島にある小学校内で子どもたちの写真を撮影しています↓
こちらをクリックで過去記事が開きます

お寺に併設された小学校
ビエンチャン・小学校

タイもラオスも放課後の買い食いは自由です。
でも、この子たちは授業の合間にこっそり買い食い
ビエンチャン・小学校

日本の国旗が机に貼ってあるのが分かるでしょうか
ビエンチャン・小学校

こちらの椅子にも日本国旗、これらは日本から贈られた物のようですね
ビエンチャン・小学校

フレンドリーな少年
ビエンチャン・小学校
スポンサーサイト

Posted on 10:13 [edit]

category: ラオス

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  ラオス  ビエンチャン  コーン島 
tb: 0   cm: 0

タイ アムパワー水上マーケット  

メークローン駅から乗合タクシーに乗って、近くにあるアムパワー水上マーケットに行ってきました。
タイに住んで以来、3ヶ所目に観光した水上マーケットになります。
ここは有名な観光地なようで、バンコクの戦勝記念塔との間にワゴン車が走っています。
バンコクからメークローン線に乗ってメークローン駅を観光し
その後にアムパワー水上マーケットを見てバンコクに戻るコースなら日帰りで行く事が可能です。

他の水上マーケットの過去記事はこちら

水上マーケットは買い物をする場所というよりもご飯を食べる所と思っておけば間違いないです
アムパワー水上マーケット

ここは船が多め
アムパワー水上マーケット

外国人観光客もけっこう多かったです
アムパワー水上マーケット

上の二枚の写真の店を下から見るとこんな感じ
アムパワー水上マーケット

過去記事の水上マーケットに比べると、ここが一番大きかったです
アムパワー水上マーケット

暗くなるまでやってます、バンコクに戻るワゴンは20時か21時まであったような気が
アムパワー水上マーケット


Posted on 09:28 [edit]

category: タイ

thread: タイ - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  タイ  バンコク  水上マーケット 
tb: 0   cm: 8

タイ 国鉄 メークローン線5 メークローン駅周辺市場  

今回でメークローン線の記事は終わりです。
タイ国内はバスとワゴンがどこにでも走っていますので
短期の旅行などでは国鉄を使う機会もメリットも少ないと思います。
ただ、タイ国鉄はのんびりした雰囲気で治安も悪くないので
時間がある方は国鉄に乗車してみるのも良い思い出になるかと思いますよ。

タイ 国鉄 メークローン線1の記事はこちら
タイ 国鉄 メークローン線2の記事はこちら
タイ 国鉄 メークローン線3の記事はこちら
タイ 国鉄 メークローン線4の記事はこちら
メークローン線の詳細はこちら(Wikipedia)

今回の記事も前回の記事も写真は全て僕が撮影したものですが
この動画も前回の記事の動画も、動画は僕が撮った物では無いです。


電車が通る時はきちんと交通整理
メークローン市場

電車が通り過ぎたら即座に折りたたみ式の屋根を広げる市場の人
メークローン市場

さっきまで電車がいたとは思えませんね
メークローン市場

線路が無ければ普通の市場かと思ってしまう
メークローン市場

飴細工を作るおじさん、けっこう売れていました
メークローン市場

線路のある市場っていうのも不思議な光景ですね
メークローン市場

Posted on 09:53 [edit]

category: タイ

thread: タイ・バンコク - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  タイ  メークローン  国鉄 
tb: 0   cm: 0

タイ 国鉄 メークローン線4 メークローン駅  

タイの国鉄に乗って目指してきたのは、この終着駅のメークローン駅。
この駅周辺の情景は言葉で説明するよりも、動画を見てもらった方が早いです。
この駅の存在は日本にいる頃から知っていましたが、想像以上に観光客が多くて驚きました。
ちなみに電車は一日四往復しかしていないので、この駅に観光に行く際は時間を調べて行った方が良いです。

タイ 国鉄 メークローン線1の記事はこちら
タイ 国鉄 メークローン線2の記事はこちら
タイ 国鉄 メークローン線3の記事はこちら
メークローン線の詳細はこちら(Wikipedia)

まずは動画をご覧下さい、物凄い場所に市場があります。
これと同じ電車に乗って駅に入ってきました。


バーンレーム駅からメークローン駅へは一日四往復しかありません
メークローン駅

乗ってきた電車が復路に入るところ、観光客が凄い
メークローン駅

市場の屋根が降り始めました
メークローン駅


電車が動き始めるところ
メークローン駅

電車が動き始めたので市場の屋根も降りています
メークローン駅

市場の上を電車が通過します
メークローン駅



Posted on 10:45 [edit]

category: タイ

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  タイ  メークローン  電車写真  スナップ写真 
tb: 0   cm: 7

タイ 国鉄 メークローン線3  

最初の目的地、マハーチャイ駅に到着です。
マハーチャイ駅周辺は市場になっていてけっこう栄えていました。
ここで船に乗って対岸に渡り、電車を乗り継ぎます。

タイ 国鉄 メークローン線1の記事はこちら
タイ 国鉄 メークローン線2の記事はこちら
メークローン線の詳細はこちら(Wikipedia)

マハーチャイ駅に到着
マハーチャイ駅

線路の上でもお構いなしに市場が
マハーチャイ駅

電車が来るたびに避けているようです、凄い商魂
マハーチャイ駅

この電車で来ました
マハーチャイ駅

対岸にあるバーンレーム駅はのどかな雰囲気
マハーチャイ駅

電車を修理中
マハーチャイ駅

Posted on 11:20 [edit]

category: タイ

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  タイ  マハーチャイ  メークローン 
tb: 0   cm: 2

タイ 国鉄 メークローン線2  

前回に続きマハーチャイ駅を目指します。
似たような写真ばかりになってしまいましたが、今回は電車内から撮った写真を。
タイ 国鉄 メークローン線1の記事はこちら
メークローン線の詳細はこちら(Wikipedia)

移動時にドアが開いているのが怖いですが
電車内の様子は日本と変わらないですね
メークローン線

駅に到着
メークローン線

日本に比べるとゆるい感じが漂う
メークローン線

バンコクからそんなに離れていないのに、けっこうな田舎
メークローン線

列車の最後尾のドアも開けっ放しだったのでこういう写真が撮れました
メークローン線

Posted on 13:30 [edit]

category: タイ

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  タイ  電車  バンコク  マハーチャイ 
tb: 0   cm: 2

タイ 国鉄 メークローン線1  

グーグル・マップを見ていたら自宅の近所に駅があるので調べてみると
バンコク郊外へ出られる国鉄の駅とのこと。
メークローン線の終着駅は有名な観光地なようで興味を惹かれ
カメラを持って日帰りでローカル線の旅に出発しました。
まずはタラートプルー駅からマハーチャイ駅を目指します。
GRD4を使って撮った写真が多いのでモノクロだったりブリーチバイパスだったり
写真に全く統一感が無いのはご容赦下さい。
メークローン線の詳細はこちら(Wikipedia)

自宅マンションから何とか歩いて行ける距離にある最寄り駅
タラートプルー~マハーチャイ

バンコク都内とはいえローカルな雰囲気
タラートプルー~マハーチャイ

タイ人も日本人と同じで携帯電話が大好き。
どこにでも公衆電話がありますが、使われているのを見た事がありません
タラートプルー~マハーチャイ

タイ文字しか書いていない時刻表
タラートプルー~マハーチャイ

我が物顔で線路を歩く犬
タラートプルー~マハーチャイ

電車が来ました、出発です
タラートプルー~マハーチャイ

Posted on 09:12 [edit]

category: タイ

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  GRD4  タイ  バンコク    マハーチャイ  メークローン 
tb: 0   cm: 2

タイ バンコク 街歩き  

管理人は一年以上前からタイ・バンコクにマンションを借りて拠点にしています。
今年に入ってからは一度ラオスに行きタイ観光ビザのダブルを取得し
マンションの契約も延長したので6~7月まではタイに滞在予定です。
昨年末からの円安で日本円を持つ日本人の僕からすると物価が跳ね上がり
飛行機代も上がってしまったのでタイ国外を旅行する気になりません(笑)
今後の更新はラオスに行った時の写真も少しありますが
しばらくはタイ国内旅行の写真や散歩写真になると思います。
そんな訳で旅スナップというよりもタイスナップになりそうですが、良かったらお付き合い下さい。

Canonの広告でラッピングされたBTS(高架鉄道)
バンコク

キティちゃんは世界中で大人気です、色々な国で見かけますね
バンコク

正月前後に近所のショッピングモールに来た移動遊園地
幼児向けの観覧車はとても小さくて可愛い
バンコク

同じマンションの住人に教えてもらって以来たまに行く市場、軍隊の家族向け団地内で開催されています。
タイで一番楽しいのは市場めぐりかも、どんなに小さい町にでも必ずあります
バンコク

デザート屋台
バンコク

市場の開催されている団地内はこんな感じ
バンコク






Posted on 08:26 [edit]

category: タイ

thread: お散歩カメラ - janre: 写真

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  散歩  タイ  バンコク  スナップ 
tb: 0   cm: 2

カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ4   

バンテアイ・スレイ、アンコール周辺の遺跡の記事は今回で終わりです。
長く続いたカンボジアの記事も今回で終わります。

バンテアイ・スレイの詳細はこちら(Wikipedia)
カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ1の記事はこちら
カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ2の記事はこちら
カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ3の記事はこちら

前回紹介した東洋のモナリザと呼ばれるデバターを引きで撮るとこういう状態
バンテアイスレイ

彫りの深い細かな彫刻
バンテアイスレイ

全体像、本当に開放感のあるロケーションで観光できます
バンテアイスレイ

こちらはシェムリアップの空港、国際空港ですが小さめな作り
シェムリアップ~バンコク

バンコクまでのフライトはプロペラ機でした、国際線でプロペラ機は久しぶり
シェムリアップ~バンコク

Posted on 07:53 [edit]

category: カンボジア

thread: カンボジア旅行 - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  カンボジア  遺跡  シェムリアップ 
tb: 0   cm: 8

カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ3  

バンテアイ・スレイには東洋のモナリザと呼ばれるデバターがあり、本当に美しいです。
Wikipediaによるとフランス人が1923年に盗難して捕まったという事まである程。
余談ですがフランスのパリにあるギメ東洋美術館(クリックで過去記事へ)にある収蔵品は
ヨーロッパの美術館の中でもかなりのレベルの高さです。
アジアの主要な国の遺跡や美術品が多く収蔵されていて、個人的にはパリで一番の美術館でした。

バンテアイ・スレイの詳細はこちら(Wikipedia)
カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ1の記事はこちら
カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ2の記事はこちら

世界の色々な国の博物館や美術館に行った結果、自分の好みはアジア美術だと確信しました
バンテアイ・スレイ

東洋のモナリザ、フランスに持ち帰ったりされなくて良かった
バンテアイ・スレイ

こちらのデバターも美しい
バンテアイ・スレイ

こんなに小さな遺跡なのに、美しい物が沢山残っているのは凄いですね
バンテアイ・スレイ

雨季のある国の屋外で1000年以上も残っているというのは本当に感動します
バンテアイ・スレイ

Posted on 08:46 [edit]

category: カンボジア

thread: カンボジア旅行 - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  カンボジア  バンテアイスレイ  遺跡    美術館 
tb: 0   cm: 2

カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ2  

今回からは遺跡の内部の写真です。
カンボジアには今回訪れられなかった遺跡がまだまだあるので、いつかまた行ってみたいと思います。
カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ1の記事はこちら
バンテアイ・スレイの詳細はこちら(Wikipedia)

内部にはロープが張ってあるのでこれより中にはいけません
バンテアイ・スレイ

なんという保存状態の良さ、ベンメリアを見た後なので余計にそう思ったのかもしれません
バンテアイ・スレイ

遺跡に新しく草が生えてきているのが良い雰囲気
バンテアイ・スレイ

ロープで規制され入っていけない祠堂の前、ズームレンズがあると便利だと思います
バンテアイ・スレイ

この遺跡は細かな彫刻も素晴らしいのですが、僕は遺跡の色にも惹かれます
バンテアイ・スレイ

あと二回続きます、次回は東洋のモナリザと呼ばれるデバターの写真を載せる予定です。

Posted on 07:17 [edit]

category: カンボジア

thread: カンボジア旅行 - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産    カンボジア  バンテアイスレイ  遺跡 
tb: 0   cm: 2

カンボジア 世界遺産 バンテアイ・スレイ1  

沢山のアンコール遺跡の記事をアップしてきましたが、この遺跡で最後です。
個人的にはアンコール遺跡群の中で一番印象に残った遺跡です。自分が人に薦めるのならここですね。
郊外にある遺跡ですがシェムリアップ中心部からそれほど時間はかかりません。
バンテアイ・スレイの詳細はこちら(Wikipedia)

僕は午後に行ったのですが、後からガイドブックを見たところ午前中の方がお薦めらしいです。
午後は人もそれほどいなかったので、混雑を避けるのなら午後の方が良いかも
バンテアイ・スレイ

保存状態の良さに感動
バンテアイ・スレイ

内容が読めたら興味深い事が書いてありそう
バンテアイ・スレイ

カンボジア遺跡は開放感があり気持ちの良いロケーションにある物が多い
バンテアイ・スレイ

1000年以上前に作られたとは思えません
バンテアイ・スレイ

次回からこちらの遺跡内部へ
バンテアイ・スレイ

Posted on 05:51 [edit]

category: カンボジア

thread: カンボジア旅行 - janre: 旅行

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  カンボジア  バンテアイ・スレイ  アンコール  遺跡   
tb: 0   cm: 4

カンボジア 世界遺産 ベンメリア3  

今回でベンメリアの記事は終わりです。
実際に行ってみて思ったのですが、途中の村と村の間がかなり離れている場合も多いので
僕は乾季に行きましたが雨季に行くのなら屋根付きのトゥクトゥクか車で行った方が良さそうです。

カンボジア 世界遺産 ベンメリア1の記事はこちら
カンボジア 世界遺産 ベンメリア2の記事はこちら
ベンメリアの詳細はこちら(Wikipedia)

タ・プロームの巨木も凄かったですがベンメリアの方も負けず劣らず
ベンメリア

前回記事の写真にもあったこのアングル、遺跡の大きさが分かりやすいでしょうか
ベンメリア

近くに土があるのに何故、遺跡の上に生えてしまったんでしょう
ベンメリア

遺跡内でお仕事をしていた女性、カンボジアのスカートはタイとはまた違うデザイン。
こういう方のおかげでゴミが落ちていないんですね
ベンメリア

遺跡入口にいたベッド商人らしき人。
カンボジアではバイクで何でも運びます
ベンメリア


ちょうどカンボジアの記事を書いている時にとても痛ましい事件が起こりました。
日本人の男性がカンボジアの首都プノンペンで強盗に銃撃されて亡くなられたそうです。
被害者の方のご冥福をお祈りするとともに、一日も早く犯人が検挙される事を願います。

僕は日本を出て以来2年以上の間、自分の不注意からくる小さなトラブルは何度かありましたが
本当に幸運な事に今まで事件や事故には巻き込まれていません。
僕が海外にいる時に気をつけている事や旅のコツを、いずれ記事に書きます。

日本の方が海外で亡くなられたり、事故にあわれたりするのを見るのは本当に辛く悲しいです。
皆さんも海外旅行に出る際には充分にご注意を。

Posted on 08:26 [edit]

category: カンボジア

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  海外旅行  カンボジア  ベンメリア  遺跡 
tb: 0   cm: 0

カンボジア 世界遺産 ベンメリア2  

引き続きベンメリアの写真になります。
前回は遺跡の入り口周辺でしたが、今回は遺跡の内部へ。
歩ける場所には危険の無いように足場が組んでありますし、お金を払えば遺跡内でガイドも雇えます。

カンボジア 世界遺産 ベンメリア1の記事はこちら
ベンメリアの詳細はこちら(Wikipedia)

この遺跡に関しては修復されない方が魅力的かもしれませんね
ベンメリア

今も遺跡内で新しく木が生えています
ベンメリア

カンボジア滞在中に砂でも入ったのかレンズの挙動がおかしくなってきました。
ピントがずれていてもフォーカスエイドが効いてしまいシャッターが切れるように。
右側にはピントが合っているのに左側だけずれた写真が多数、見苦しくてすいません
ベンメリア

窓の格子部分は完全にアンコールワットと同じ
ベンメリア

遺跡内の雰囲気はこんな感じ、森の中なので少し涼しいです
ベンメリア

遺跡の上に木があるのはたまらなく美しい
ベンメリア

あと一回続きます。


Posted on 07:48 [edit]

category: カンボジア

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tag: 放浪  世界一周  一人旅  世界遺産  カンボジア  ベンメリア  アンコール遺跡 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

Twitter

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。