旅スナップ

世界の日常を写真で

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ラオス バンビエンの床屋さんなど 携帯スナップ  

ラオスバンビエンへ久しぶりに再訪しました。
首都のビエンチャンからはバスで4時間程度の距離。
タイのウドンタニーからノーンカイ(タイ側国境の街)経由で直通の国際バスが出ています。
ビエンチャン~世界遺産の街ルアンパバーンまでの中継地点として休憩する人が多い街ですね。

僕はこの街のあるゲストハウスのオーナー家族と仲良くなって以来
その家族に会いに行くのが楽しみで何度か通っています。

こちらは国境を超えてすぐに見かけた日本からの寄贈品。
ビエンチャンのバスターミナルに行くと10台以上はありました。
アジアの途上国では日本の協力で出来た橋や学校なんかも多数あるので
日本にいるより日の丸を目にする機会が多いような気も
ビエンチャン~バンビエン

相当に古いISUZU製のバス、ラオスは道の舗装がされていない所が多いので赤土まみれ
ビエンチャン~バンビエン

こちらは農機ですかね、ラオスではよく見かけます。
この写真だけを見ると2013年とは思えませんね
ビエンチャン~バンビエン

ここからは全てバンビエンの床屋さん特集。
一軒目はアウトドアスタイルのお店、一年以上前ですが一度だけ営業しているのを見た事があります
ビエンチャン~バンビエン

二軒目も屋根があるだけでドアの無い床屋さん
旅行者が髪を切ってもらっていますね、値段は数百円です。
ちなみに今までタイで一番安かった床屋はシャンプー無しで約200円でした
ビエンチャン~バンビエン

バンビエンは小さい街なんですが、ちょっと歩いただけで三軒目を発見
ビエンチャン~バンビエン

次回からはバンビエンの様子を何回かに分けて紹介したいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 07:36 [edit]

category: ラオス

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tag: ラオス  タイ  バンビエン  ビエンチャン  ルアンパバーン 
tb: 0   cm: 3

コメント

インドでも。。。

こんばんは。
街頭の床屋さんはインドでも良く見かけましたが、元手が少なくて開業できる?とかあるのでしょうか?国家試験は無いのかな、とか色々考えが浮びますが、もう一つ目だったのが、ミシンを持って出かけて露天で仕事をしている男性達の姿。
袖とか裾とか簡単な仕事をその場で請け負ってこなしているようでしたが、仕立て屋さんになるにはまだなのでしょう,多分。
昔々の日本にも色々な仕事が有ったのでしょうね。
アフリカなどではシャツやプラスチックの容器が欲しいと云う子どもや女性が多いですが、こちら側では皆使い捨て。この差は大き過ぎます。

URL | yokoblueplanet #-
2013/08/01 15:02 | edit

Re: インドでも。。。

僕がインドで面白かったの表現が下手でイメージがしにくいとは思いますが
自転車をこいでヤスリのベルトを回転させて包丁等を研いでいる商売人がいました。
インドはカースト制度の名残のせいか決まった仕事しかしない人が多かったのが印象的です。
レストランでも注文をとる人は絶対に食器は片付けません。
下げて欲しいと頼んでも片付ける係を呼ぶだけでした。

タイの床屋さんは試験を受けた証明書が飾ってある事が多いですが
ラオスはどうなんでしょうね。

カンボジアでもペットボトルや空き缶を拾っている人をよく見かけましたが
youkoさんがお住まいの世界一の経済大国のアメリカを筆頭に日本やヨーロッパは
消費社会で裕福な国ですから物にありがたみを感じないのはある程度仕方のない事ですね。

URL | hayato #-
2013/08/01 22:00 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2013/08/27 22:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelsnaps.blog.fc2.com/tb.php/209-3e821f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Twitter

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。